新年あけましておめでとうございます

 皆様におかれましては、令和三年のお正月を、すがすがしく迎えられたことと、心からお慶び申し上げます。
 皆様には、平素より私の政治活動に対しまた中野区議会議長としての職責遂行に対しまして、深いご理解ご協力を賜り、改めて感謝御礼を申し上げます。

 昨年は新型コロナウィルス感染症の感染拡大により、様々な困難に立ち向かった一年でした。今までとは異なる日常生活を強いられ、活動が縮小されながらも、さらなる感染拡大を防ぎ、以前の生活、経済活動を取り戻すため、現在も国民一人ひとりが努力し続けています。
 今年は、今までの経験と努力が、この困難に打ち勝つことができると信じておりますが、感染拡大終息への道のりはまだまだ険しいものと言わざるを得ません。また、コロナ渦によるリーマンショック以来の日本経済の衰退は、区財政にも大きく影響してきています。議会といたしましても区のあらゆる事業、財政の状況を厳しい目で精査していきたいと思います。
しかし、真に必要な区民サービスは、絶対に維持していかなければなりません。様々な苦労を強いられてきた区民の生活、地元企業や商店また飲食店など地域経済活動を守り、コロナ禍において、また終息後の対応については迅速に確実に取り組み、そして何より区民の命を守ることを最優先に政策展開をして参ります。
 今後更に、長期戦の様相を呈している新型コロナウイルス災害の終息を目指し、来るべき区議会令和三年第一回定例会では、令和三年度の予算審議とともに、更に次の手を、と切れ目ない対策を打ちながら取り組んで参ります。

 末筆ながら、皆様方には、まずはご自分やご家族の健康を第一にお考えの上で、三密を避け、充分な手洗い等の励行を心がけていただき、大過なくお過ごしくださることを祈るばかりでございます。
 今年も、皆様が安心して住み続けることができるまちの実現に、全力を注いでまいります。
どうぞ本年も、より一層のご指導ご叱正をお願い申し上げます。

 年頭にあたりまして、新型コロナウィルス感染症が一日も早く終息し、今年一年が、健康で希望に満ちた明るい年であること、そして、皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

 本年も、よろしくお願いいたします。
             
   令和三年正月

       中野区議会議長 高橋かずちか 拝