平成7年、1月17日5:46分、6,434名の尊い命が失われた阪神大震災(阪神淡路大震災)から25年が経ちます。

 中野区は、都内屈指の高密度都市、木造密集都市、人口密集都市、そして道路率、空地率、低緑地比率など都市基盤の脆弱性が危惧されています。改めて大都市密集地における大地震への教訓を活かし、都市防災や災害対応、また備蓄の考え方などの課題を改めて認識し、インフラの整備であるハードとソフトの両面を平時の時から再検証しなければならないと痛感しています。

 これまで幾つもの大災害で被災された地域の一日も早い復興を祈るとともに、今年こそ、災害のない明るい一年になることを願うところでございます。

#首都直下大震災 #25年 #平成7年1月17日5:46分 #阪神大震災 #阪神淡路大震災 #6,343名の尊い命 #大都市密集#高橋かずちか #kazuchika #takahashikazuchika #takahashi #nakano #中野 #中野区 #中野区議会議長 #第57代中野区議会議長#中野区議会議員 #中野区議会