本日、中野区議会臨時会が開かれました。
国会では昨日30日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する2020年度補正予算が成立し、1人当たり一律10万円の現金給付や事業継続のための支援策等が決定しました。お一人お一人に具体的に展開するためには、ここからは地方自治体、中野区の出番です。
私・議長からの提案も、各会派、無所属議員と全議員のご理解のもと、三密を回避するために本会議や委員会の開催形式やレイアウト、出席議員の数や進行にご配慮いただき、
「中野区一般会計補正予算」はじめ3本の議案を可決いたしました。そのほか新型コロナ関連のいくつもの対策を実行するための補正予算です。
 まずは、感染症対策、そして国の10万円の現金給付が確実に少しでも早く区民に届くように、引き続き尽力してまいります。
更には、長期戦の様相を呈している新型コロナの終息を目指し、第2回定例会に向けて、第3次補正、また更に次の手を、、
と切れ目ない対策を打ちながら、今後の景気落ち込みによる大幅な税収減に向けた既定予算の大胆な見直し、財政規律のチェックも区民の理解をいただきながら進めていかなくてはなりません。議会が一致結束し、行政サイドとともに取り組んでいかなければなりません。

#令和2年度中野区議会臨時会 #一般会計補正予算 #特別定額給付金 #1人当たり一律10万円の現金給付 #新型コロナウィルス #新型コロナウィルス感染症対策 #stayhome #外出自粛 #緊急事態宣言 #本会議臨時会 #中野区議会議長 #第57代中野区議会議長 #高橋かずちか #kazuchika #takahashikazuchika #takahashi #nakano #中野 #中野区 #中野区議会 #自民党